FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.09

ボーイズトーク

焼肉食べ放題ガッツリ食べてきましたぁぁぁあああ!!

ちょっとすごくないですか?
『焼肉食べ放題ガッツリ』って台詞すごくないですか??

考えてみて下さいよ、焼肉って言葉を連想すると何を思い浮かべますか?
私は、肉、旨い、苦しい、重い、肉、肉ってイメージなんですけれども。

その”焼肉”という言葉になんと!
食べ放題という悪魔の囁きが付加されてるんですよー!

まだ、驚くのは早いですよ?

なんとなんと、その聞いただけでお腹いっぱいになってしまう
焼肉食べ放題に、ガッツリという強調の言葉が入ってます。

いや~我ながら恐ろしい台詞だと思いますね~~


では改めて!
焼肉食べ放題ガッツリ~(>ω<)ノ





まぁ、今回の記事は
男だけの会話を聞いていて、ふと思った事があって書こうと思ったんです。


皆様も一度は聞いたことがあると思われます。

ガールズトーク

女の子達だけの秘密の会話。
私の中ではそういった認識を持っています。


以前、女性の友達にガールズトークとはなんぞや?
と唐突に聞いた事があります。

質問に対しての答えは得られませんでしたが

「男にはわかんないのよ♪」

と言われました。

教えてもらえないとおやつを貰えない子供の様にダダをコネルのが私という人柄です。
そのため、くどくも聞きました。

「だれだれが好きだ~とか、どうせそんな会話なんでしょ?」

と。

すると

「男にはわかんないのよ♪」

と、ウィンクをしながら答えてくれました。

・・・・ごめんなさい、ウィンクは盛りました。


まぁ、ウィンクを文で付けたくなるぐらいその子は私をおちょくっていました。


ぁぁ、これはもう教えてくれないな・・・と諦めて

「どうせ大した会話じゃないんでしょ@ω@」
と会話を終わらせにかかりました。

すると、その子の口が開きましたっ!








「男にはわかんないのよ♪」


うがあぁあぁぁっぁあぁぁぁぁぁぁぁあ!!!


と、まぁそういった出来事がありました。

そこで思ったんですよ。

この生意気な小娘をぎゃふんと言わせてやりたい!と。


そこでピカンと来ました。

目には目を。

ガールズトークには”ボーイズトーク”だ!
と閃きました!

今度その子にあった時にこう言ってやるんです。

「ボーイズトークって知ってる?」

(予想)   生意気な小娘「え?なにそれ?」  



「女にはわかんないのよ♪」


これがやりたいんですよ!これがぁああ!


しかし問題が一つ浮上します。

ボーイズトーク”って果たして存在するのだろうか?

男の私でも聞いた事がありません。
そもそも、ガールズトークが何かを知らないので
予想のつけようもありません。


男友達に、ガールズトークってなんだと思う?
と問うた時がありました。

そいつはこう言ったですよ。

「なんかドロドロしててえげつない会話じゃないの?」

と。

私の思ってるガールズトークと真逆なんですよね、そいつの認識は。


*これ以降よりガールズトークをガートと呼びます。

つまりは、十人十色のガートがあるのではないか?
と推測立ててみました。
辞書に乗ってるような言葉でもありませんし、ガートはこうだ!
って事も聞いた事がありません。

女性の方自身も、ガートとはなんなのか?
その概念を正確に答える事はできないんじゃないでしょうか?

そう推測すると、生意気な小娘の
「男にはわかんないのよ」
これの意味する所は、男、という言葉をつける事によって
あたかも男である限り、ガートを理解できないと思わせる口ぶりですが
実際の所、小娘自身もガートを知らなかったのではないだろうか?
という可能性が出てきました。

そう考えると、ガートがとても神聖なものに感じて来ました。

我々男にとってはガートの秘密とは
砂漠で見つけたオアシスの様な・・・

そんな奇跡と感激を併せ持った言葉なんだと思います。


つまるところガートは秘密のままが良いのだ

という結論に至りました。チャンチャン!


と、終わらせるわけにはいきません。
今日は粘ります。
このブログを見ている人が、面白いと
言ってくれました。
その為にも、こんなオチではいかない!

待ってろよ曽我!!


続きから→


そこで一歩引いて。
ならばボーイズトークとは一体どんな会話で使うのか

これについて考えようと思っています。


実験の為に、今日一緒に食べていたSOGAという人物を登場させたいと思います。

まず、共通認識としてガートとは女の子同士での会話。
これは誰もが頭の中に入っていることだと思います。
名称からしてそうですしね!
男の踏み入る場所は存在しえないのです。

然れば、ボーイズトークとは
男同士の会話なのではないか!!と!
女性の立ち入る隙もない、男だけの会話。

そこで本日実際にあった会話をSOGA君を使って再現したいと思います。
さすがにすべてを再現するのはまずいので、多少フィクションは入れます。






・・・・・・・





(笑)



彼は下ネタしか言ってなかった気がするのでやめました。


しかし、再現することもなく
ボーイズトークがなんなのか気付いてしまいました。

男だけの女性の立ち入る隙間のない会話。

それは・・・・





うわ、まさかこんなオチになるとは思いませんでした。


これからはちゃんと構成を考えて記事を書きます。

さよなら(笑)ω



P.S
本当に人によってガートの考えが違うみたいです。
あなたの意見をお待ちしております。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://kyarameru194.blog69.fc2.com/tb.php/18-84406e1d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
とりあえずだけで女子が集まって話してれば内容はどうであれGirl's Talkだ!
意味的には間違えてないかと?
Posted by 不吉の猫 at 2011.04.09 09:14 | 編集
SOGAという男はそんなに下ネタばかり言ってはいないと俺は思う
Posted by samurainchu at 2011.04.09 12:43 | 編集
ガールズトークは男は知らない方がいいです。
知らない方がいいことも世の中にはたくさんあります。
Posted by クリストフ at 2011.04.09 18:26 | 編集
そこをさらに掘り下げてみたいよね
Posted by kyarameru at 2011.04.09 21:16 | 編集

いいや、そんなはずはない。
Posted by kyarameru at 2011.04.09 21:17 | 編集
何を知っているんですか!?
クリストフさん!!(`´)
Posted by kyarameru at 2011.04.09 21:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。